第2回CRUX
  クライミングオフ
          


●場所:江坂CRUX
●日時:1999年(H11)2月26日
●メンバー:僕、助役、矢問源氏、BAKU、よしみ、DOMINO、眠虫、PANCHO、不知火


第1回囲炉裏CRUXクライミングオフを行ってからはや半年。月1回のペースでこのオフを開催しようと言っていたのは何だったのか
?。(^^; ま、そんなことはさておき、今夜は9名のメンバーが集まり笑い声が混じる中、クライミングを始めたのでした。
 

トップバッターはBAKUさん。
沢登の経験はあるもののインドアクライミングは
この日が初めてとあって少し緊張の面もち。
しかし、そこはさすが沢経験者とあってスイスイ
と登っていきます。
クライミング初めてのよしみさんは最初から
とまどい気味。「怖い〜!」の声がCRUX
に響く…。(^^;
助役は終始ビレイヤーでみなさんを
サポートしてくれました。
今回が2回目のクライミングの
矢問源氏さん。
1回目と違って少し余裕が伺え
るクライミング…。と見てて思え
たのですがご本人はそうでも
なかったそうです。(^^;
CRUXの正面奥にあるウォール全景です。
このウォールは高さが約10mほどありリード
はもちろん、トップロープが設定しやすく初心
者にはもってこいのウォールです。
左には100度の壁が右には110度〜の壁
があり中・上級者が果敢にルートをトライして
いました。
この写真を撮った2回には休憩所の他、クラ
イミング用品のショップもあり充実した設備に
なっています。
2本3本と登ると指の皮が腫れてすれても痛いくらい
になってきました。これを克服しないといっぱしのクラ
イマーにはなれませんぜ。矢問源氏のダンナ。(^^)
助役は赤Xの印の付いた5.10aがお気に入りのご様子。
果敢にトライしていましたが、結局乗り越せず断念。
僕は久しぶりのクライミングでしたが、楽しく
登れました。しかし、パワーに頼るクライミング
は前と変わらず課題は残ったまま…。
DOMINOさんの真っ赤な手。
まるで明太子のように腫れ上がった
お手ては今夜のがんばりを示すもの
です。
が、明日は痛いぞ〜。
最初あれだけ怖がっていたよしみさんは
持ち前のがんばりで結局登り切ってしま
いました。
ロワーダウンしてきたよしみさんをみんなが拍手で迎えました。
PANCHOさんは青Xルートを攻略中。
しかし、クリアできずテンションを掛けたまま
思案中。
その下ではPANCHOさんの重さをキープす
べく助役が補助にまわっていたのでした。
最後はCRUXオーナーの前嶋さんに記念写真を撮ってもらってお開きと
なりました。それぞれ課題を残しているとは思いますが、それがまた克服
するためのやる気となってレベルアップに繋がるでしょう。
これからも定期的にオフを行うことを約束して(?)解散しました。