烏帽子岩オフ 2001年初冬
<フリークライミング>
 


●場 所:烏帽子岩
●日 時:2001年(H13)12月2日
●天 候:晴れ
●メンバー:亀さん、となりさん、助役、不知火さん、やすださん、さとみさん、てる




烏帽子岩・駒形岩・不動岩・百丈岩へ登られる方へお願い

近年、全国各地の岩場で問題になっているクライマーのゴミ放棄・糞尿・路上駐車ですが
このエリアにおいても、大変な問題になっています。
このまま事態を放置すると鳳来や信楽、蝙蝠のように
入山禁止になる恐れが出てきました。
これくらいのゴミはいいだろう、自分だけは車を停めても問題にならない… ではなく
一人一人が気を付けて問題となっていることを認識し改めることが大事だと思います。
入山禁止になってからでは遅いのです。

1.ゴミは必ず持ち帰ること
1.糞尿は道場駅のトイレで済ませる
1.なるべく電車を利用し路上駐車はせず、駐車する場合は道場駅にある
コインパーキングを利用する

みなさんの協力をお願いします



   
烏帽子岩はいつも
クライマーでいっぱいだ
  「アフターバイト・ダイレクト 5.9」
画像の辺りが核心部
発破穴跡を使ってレイバック気味に登る人が
多かったが、僕はステミング気味に両足を張って
ズリズリと足をあげて突破した
クライマーはさとみさん
  「太陽がいっぱい 5.9」
核心らしい箇所は2箇所あった
一箇所はアフターバイト・ダイレクトの終了点横
もう一箇所は上部の右へトラバース気味に移動
してから直上するところ
その名の通り太陽をいっぱい浴びて
登れる好ルート
クライマーはやすださん


   
「タイムトンネル 5.10a」
ここも発破穴跡を使って登るルート
画像の位置からが核心部で
頭の右上にあるカチを拾うと…
  体が上がるのでテラスにある
秘密のポケットを探って乗り越す
クライマーは助役
  同じくタイムトンネルを登る
不知火さん



「タイムトンネル」の手本
パラパラマンガ風に
アレンジしてみました
クライマーはとなりさん
(※javaをoffにしていると
作動しません)




   
「ゴールドフィンガー 5.10a」
ハングしている下部から急激に壁が
立ってくる
ハングのところに発破穴跡があり
それが名前の由来か?
  左画像の拡大図です
ハングしている中の凹角内のガバを
ホールドしながら凹角内を我慢して
進むのがポイント
左手をのせているところに
体を上げてしまうと体が浮いて
しまって登りにくくなるそうです
   左画像の続きです
ハングの乗り越えるとフィニッシュ
ハングにスタンスがあるので
最後は難しくない
度胸一発!



「イジわるおヨネ 5.10b」
剥がれそうなフレークをアンダーで持つ
(このフレークは10年間 外れなかったそうな)
そのときの足の置き方が厳しい
フレーク上に体を移動できたら
そのフレークの下に足をねじ込み
核心を突破できる
クライマーはさとみさん
「イジわるおヨネ 5.10b」
ほぼ全ルートが写っている
終了点は立木から取っているので
その都度確認した方がいいかも
クライマーは助役


 
「斜陽 5.9」
駒形岩の初級代表ルート
(上部に登っているクライマーのルート)
スタンスが細かいながらもよく見ればある
リードで登る場合は4ピン目が少し遠い
ので注意が必要
最後の乗り越しも結構怖い
クライマーは不知火さん
  「ひまわり 5.10a」
1ピン目がかなり遠いので注意
終了点手前にある大きなフレークを
アンダーで持ち
体を上げていく
…のだがこれでルート合ってるの?
クライマーはわたくし(てる)