生杉 熊谷出合から三国峠へ
ワカンデビュー戦


●場 所:三国峠
●山 域:芦生
●日 時:2005年(H17)1月15日
●天 候:曇りのち雨
●標 高:三国峠775.9m
●メンバー:佐野さん、矢問さん、しんさん、PIKKUさん、てる
●ルート:熊谷出合−P637−P677-クチクボ峠−三国峠−東尾根−若走路谷出合−熊谷出合



このホームページ内に報告している記録を参考にして山に登られる方は
ご自身の判断と責任において行動されるようお願いいたします
報告内容についてはあくまでも参考程度にとどめてください


カシミール3Dは上記をクリック 地形図はこちらをクリック 地域の地図は上記をクリック


 落葉の芦生を散策したときに、冬の芦生を歩いてみたいねと話が出た。そしてこの日、実現しました。
 僕の今までの冬山と言えば、雪を避けるように歩いていると言っても過言じゃないほど、雪とはほとんど縁がなかった。元々、寒さに弱いこともあったし、やはり雪山は怖いという先入観が足を遠ざけていたと思う。
 今回は強力なメンバーに囲まれてのスノーハイク、そして僕のワカンデビューを果たすことが出来ました。(^^)
 矢問さん撮影の画像も交えて、どうぞご覧ください。(^^)

 前夜に現地近くまで入り幕営。湖西道路付近はまったく雪は積もっていなかったのに、比良山系を越えると途端に道端には雪が積もっている。矢問さんが言うにはこれでもかなり少ないそうだ。
 翌朝、5時半には起きていた矢問さんが朝の挨拶一番に「星が出ていたのに曇ってきたね」と残念そうな顔。そう、天気予報は珍しく一週間前から曇りのち雨と言っていたが当たりそう。こんなことは当たらなくてもいいのに。
 どこまで除雪されているか心配だったが、針畑ルネッサンスセンター前も綺麗に除雪されていて矢問さんは驚いてばかりいた。結局、熊谷出合まで除雪されていてそこに車を止めてプランを練る。
 当初から天気が良くないことがわかっていたので、今回は林道を歩いて地蔵峠へワカン歩行の練習の線が濃厚だった。が、状況を見て矢問さんが熊谷の西尾根からの三国峠ルートを提案。みな異存があるはずもなく、そのコースで決定。早速、準備に取りかかる。

針畑ルネッサンス前も除雪されていた

【8時10分】熊谷出合を出発
 今回のために僕が購入したワカンは新興カンジキSK−Uというナイロン樹脂製のカンジキだ。最近はスノーシューが流行だが、矢問鬼教官(^^; から「ワカン歩行をマスターしないさい」と言われて事前にワカンを購入。何事にも基本をマスターすることが大事だということ。
 他を履いたことがないので比べようがないが、ベーシックなアルミのワカンより一回り大きいような気がする。しかし、軽い。
 佐野さんから「てるさん先頭を行って」と号令がかかる。しかし、目の前には除雪で高くなった雪の壁が。「手で掘って段差を作って登るんや」と矢問さんとPIKKUさんが教えてくれる。なーるほど。
 熊谷の西尾根に取り付く。最初から急斜面でしかも雪が深い。「膝で雪を押し込んで登る」と矢問さんからアドバイス。雪での登り方はいろいろあるもんだねーと感心しっぱなし。
 外気温は0度くらいと思われるが登り出すと一気に汗が噴き出る。元々汗かきなので着ている物が邪魔になる。
 佐野さんから「バテる前に交代しーやー」と言われて素直に代わってもらう。今度はしんさんだ。しんさんは今回、あいかわさんから借りたスノーシューを履いて、こちらはスノーシューデビュー。豪快に登っていく。急斜面ではスノーシューはワカンに劣ると言われているようだが、パワフルなしんさんにかかってはそれも帳消し。(^^;

これがSK−Uです(※化粧品ではありません(^^;) 西尾根の急な登り


厚着があつぎ…あつきぃぃ…あついぃ…m(_ _)m

 尾根に乗ると雑木林だが葉が落ちてそこそこの展望が開ける。冬場ならではで、この時期以外ならヤブ漕ぎは覚悟。山の位置確認さえ出来ないだろう。
 生杉の村落を振り返ると低い靄がかかっている。佐野さんが「珍しいから撮影しときー」と言う。葛でくるんだように白くモワモワっとした感じが印象的だった。
 最初の休憩で、みな上着を脱ぐ。半袖シャツでもいいくらいだ。
 5人がそれぞれ交代しながら進む。 先頭に佐野さんが代わった。木の枝に乗った雪を落としながら進むが、雪の重みでしなった枝が雪を落とした途端に跳ね上がり体に当たる。先頭は大変だ。
 西尾根に乗るとなだらかになりピッチも上がる。P677まで余裕を持って着けた。
西尾根に乗り傾斜も緩やか 振り返ると生杉の村には低い靄がかかっていた


木の枝に乗る雪が曲者 まだまだ遠い三国峠

【10時13分】P677
 P677の北東の位置で、歩いてきた稜線はP709から延びる稜線と合流しP677を登って下ると、南南東へ下る支尾根へ下りそうになった。わかりにくいが三国峠へは南西に下らなければならない。

冬山ベテランのPIKKUさんはとっても元気 P667からの下り
雑木林がいい感じ
登りも下りもガツガツ行くしんさん


【10時27分】クチクボ峠
 そろそろクチクボ峠のはずだがコルにさしかかっても目印になる道標が見あたらないと矢問さんがいう。地形図にはわかりにくい小ピークが連続していて、何度目かの小ピークを越えたところに雪で埋もれた道標を見つけた。記念撮影の後、ここらへんで鍋をしたい病(そんな病気があるんかいな?(^^;)の佐野さんをなだめて、矢問さんの号令であと一登りの三国峠へ目指すこととなった。
 
クチクボ峠の道標が埋まっています



通ってきたP667をバックに 先頭を歩くのは僕
真っ白な雪の上を開拓するのは気持ちがいい
三国峠への最後の登り

【11時16分】三国峠山頂
 再び、先頭を僕が引き継いで新雪の上を歩く。歩き始めた頃ほどのきつい傾斜ではなく、また、木々も適度に間隔があるので歩きやすい。トレースのない雪の上を歩くのは本当に気持ちがいい。西側は大きく切れ込んで日本海へ流れる鍋窪谷を形成している。野田畑峠へと延びる尾根が新緑の頃歩いた足取りを思い出させる。「あのとき、P767付近でちょっと迷ったっけ。そういえば、稜線に登ったとき冷たくて気持ちのいい風が吹いていたよなぁ」とか。でも、その稜線も雪で真っ白だ。
 先頭をしんさんに交代してもらい僕は最後尾に着く。長く続いた登を終えるとそこは見覚えのある雰囲気の場所だった。そう、前に三国峠から生杉の駐車場へ下るときに歩いた辺りだ。
 最後の山頂への登りは無雪期には考えられない直登で登り切った。やった!到着。\(^o^)/ 絶対にここまでこれないだろうとあきらめていたこともあり、すんごく嬉しかった。(^^)
 山頂は誰も足跡がない丸く白いテーブルのように雪が積もっていた。無雪期のときに感じた狭さはまるでなく、広く見渡しのいいピークに感覚が狂う。雪とはこれほど感じを変えてしまう物なのかと改めて感じた。

三国岳山頂でまずは記念撮影 同じ三国岳山頂 昨年の6月に登ったときの様子
初夏のロングハイク

 さぁお昼の用意をしましょう。「てるさん、テーブルを作って」と言われたが、どうしていいのやらわからない。しんさんが担いできたスコップを渡されて「周りを掘っていくの」と指示を受ける。なるほど!、いわば掘りこたつ風に仕上げればいいのかと納得する。
 テーブルの設営が終わり鍋の準備に取りかかる。今回は、僕の提案で豆乳鍋をチョイス。矢問さんが担ぎ上げた鍋に豆乳とダシを入れて肉と野菜の具材をドバッと入れる。煮詰めることしばし。いい香りがする乳白色のお鍋の完成!。(^^)
 やはり寒いときは鍋に限る。体の芯から暖かくなるような気がする。それにプラスして佐野さんが持ってきたビールを分けて乾杯!。

豆乳鍋 雪のテーブルで豆乳鍋に舌鼓



三国峠山頂から眺める風景 真ん中の麓が生杉の村落

 ここで「伊東家の食卓」ならぬ「矢問家の食卓」の裏技を披露してもらう。矢問さんはオーバーグローブとインナー手袋で装備していたが、何かと手作業するときはオーバーグローブをはずさなければならない。雪の上に置いたりすると濡れる恐れがある。そこで登場するのが髪の毛を束ねるゴム。オーバーグローブにセットし、手首に輪っかで巻く。こうすると落ちないので濡れない。しかも、プラスチックのストッパーで手首の輪をフォローしてある。さすが、矢問さん。芸が細かい!。(^^; 次のスノーハイクの時までには装備しておこう。(^^)

【12時50分】三国峠山頂を出発
 食べている間にとうとう雨が降り始めた。気温が高いので雪にならず雨になっているのだ。これ以上雨の振りが酷くなることを考えるとあまりゆっくりもしていられず、急いでお腹につめる。
 名残惜しいが山頂をあとにして、駐車場へと戻ることにする。佐野さんの意見で来た道を戻らずに三国峠から東へ延びる尾根に乗り、うまく林道へ下るルートを選択した。
 最初は地蔵峠への続く尾根と別れる箇所を見極めるのに苦労したが、無事東の尾根に乗り、その後も佐野さんの人間GPSと矢問さんがメカGPSで緯度経度を確認しながら、正確に下山路を探る。
 無雪期なら見通しが効かないだろうこの尾根から、登りで歩いてきた向かいの尾根がはっきりと見える。
 途中で休憩したときに、ストックが縮んでいたので伸ばそうとポールを引っ張ると、中の部品が飛び出してバラバラになってしまった。ここでは修復できずバラバラのまま、持ち帰ることに…。(/_;)

下山に向けてハイポーズ!

登りに歩いた尾根を眺める

【13時57分】林道と合流
 東へ枝分かれに延びる尾根を林道にそして熊谷にもっとも無駄なく帰れるよう巧いこと選び下っていく。
 降り立ったところは若走路谷の少し手前(若走路谷と林道の交差の地蔵峠側)よりの林道だった。頭の中の地形図では若走路谷に降りたと勘違いしていた僕はみなが歩き出す方向(西へ向かって歩き出した)を見て?????マークが飛び交う。「そっちはクチクボ峠方面じゃ?」と思ったのもつかの間。矢問さんが若走路谷の説明をしていてやっと現在地をつかめた。やれやれ。(^^;

展望のいい場所では思わず立ち止まってみてしまう 林道間近になると傾斜も急になってくる


単調な林道歩きが結構しんどい… 熊谷へ到着!お疲れ様!

【14時20分】熊谷出合到着
 林道にはスキーの跡。帰りは佐野さんを先頭にトボトボと歩き続ける。単調な林道歩きは退屈でたかが1kmほどなのに、かなり長く歩いたような気がした。
 熊谷到着。お疲れ様。ワカンを脱いで自由の身に。矢問さんが「スノーハイクのときは靴が綺麗になる」というので、見てみるとホント、泥一つ無いピカピカの状態。
 くつき温泉へ行く前に針畑ルネッサンスへ寄る。おじさんが一人で鹿肉を調理している。思っていたほど土産物になるような物はないが、おじさんが「鹿肉と猪肉の佃煮があるから味見してみて」と猪肉の佃煮を出してくれた。食感といい味といい昔、給食の時に良く出た鯨の肉に似ていた。
 それぞれ一つずつ買ってお土産にして帰る。
 車に乗り込み、くつき温泉へと向かう頃には雨が本降りになり、まるで雨を降らせるのを待ってくれていたかのようなタイミングだった。やっぱり日頃の行いがいいとこういうところで差がでるんや〜と自分のお陰のように思いこむ。(^^;

 くつき温泉はこんな天気でも結構な人出で、新しい浴室は人が多そう。迷わず旧タイプの浴室を選んだがこれが大正解で人が少なく、のんびりとつかれた。お奨めは旧タイプです。(^^)
 あとは渋滞もなく大阪へと帰りました。

 初めてのスノーハイクはメンバーにも天候にも恵まれて、楽しいままに終えることが出来ました。ワカンを買ったからにはこれからもドンドン行かなくては。(^_-)