長老ヶ岳 すき焼きパーティハイク
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク 囲炉裏


長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
●山 名 長老ヶ岳
●エリア 京都府
●日 時 2012年(H24)5月27日
●天 候 晴れ
●メンバー 鈴さん、昭さん、英さん、長さん、高さん、てる
●コース
 9:44 駐車地
 9:52 大野簡易水道
10:29−10:35 管理棟
10:56−11:12 あずま屋
12:02−14:20 長老ヶ岳山頂
16:01 駐車地

 




このホームページ内の記録を参考にして山に登られる方は
ご自身の判断と責任において行動されるようお願いいたします


長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク





思い起こせば、このメンバーで歩いたのは3年前。
芦生杉を見るために歩いた(ホームページはこちら)。
その後も「山歩きを企画してよ」と何度も言われつつ月日は流れ…。(汗)

今回はあの時のメンバーに高さんも加わって京都府北西部にある長老ヶ岳へとでかけました。


メンバーを乗せたレンタカーは、中国道・舞鶴道と走り、道の駅「和(なごみ)」で休憩。
ここでアクシデント発生!。
鈴さんがドアに手を挟んでしまった!。
さいわい大事には至らなかった(…と思う)が、みなさんのザックから湿布やスプレーやでるわでるわで応急処置完了。
これなら山でケガをしても安心だ(そんなわけありませんが…)

ということで鈴さん、この場をお借りしてお詫び申し上げます。→犯人は俺かよ。(汗)

出発時点では山頂から林道を一周する予定だったので、大野簡易水道前の先へ車を止めて出発した。


 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク 道の駅
道の駅「和」は観光客のおじおばちゃんでごった返す
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク 水道施設前
大野簡易水道前の道標で出発前の記念撮影
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク タニウツギ
タニウツギがきれいに咲いている
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク 上の駐車場
管理棟がある上の駐車場
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
長ちゃんがんば!
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
日頃ゴルフで鍛えた成果もあって軽快な足取りの英さん
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
遊歩道のような登山道が続く
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク 鈴さんがパイナップルをふるまってくれた
東屋では鈴さんがパイナップルを振る舞ってくれた
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
こんな土砂崩れもありますが、慎重に歩けば大丈夫
 


大野簡易水道前から上の駐車場までは舗装道路。
ただ単に長老ヶ岳山頂をピストンするだけならここに止めて歩く方が断然ラクチン。

沿道にはタニウツギや藤の仲間と思われる花が咲いている。
まだ、5月なのにまぁ暑いこと暑いこと。
全然進んでもいないのに、すでに大汗が…。え、僕だけ??。(汗)

 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
ブナの新緑が綺麗
 
 

 
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク 新緑が素晴らしい
曇ったり晴れたりで森の様相も変わる
なので晴れると緑が映えて素晴らしい景色に変身!
 

 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
山頂近くになると電波塔が見え始める
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
いきなり日向になり「暑い〜!」の連発
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
長老ヶ岳山頂はこっちだよ
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
山頂直下のこの登りが堪える!
 


良く整備された道を歩くこと2時間あまり。
最後に急な坂道を登ると東屋、そして山頂が見えました。
先客が数人。
山頂はほぼ360度の展望!。
立派な石柱プレートの前で記念撮影。


 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク 山頂
 

 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
山座同定はできないけれど、頭巾山方面が見えてるはず。空気が澄んでいれば日本海も見えるはずなのに…
 


今回の楽しみは山登りの他に、昼食に有り!。
このために十数キロを担ぎ上げて登ったのだ。


メニューは「すき焼き」

 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク すき焼き下ごしらえ
担ぎ上げた食材を切り分けます
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク すき焼き用お肉
メインのお肉 いいお肉です
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク かんぱーい
これまた担ぎ上げたビールで乾杯!
 

 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
東屋から見える風景
 


空いた東屋を陣取り、すき焼きパーティの開始!。
お肉美味しい!。
担ぎ上げた苦労が報われる。(泣)
楽しい仲間と楽しい会話、美味しい食事で最高のひととき。

 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
豪華なお肉がたっぷりのすき焼き!
家ではこんなの食べられねぇ〜。(泣)
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
最後まで食べるぞぉ
 
長老ヶ岳ですき焼きパーティハイク
景色を眺めながら食後のまったりした時間を過ごす
 


食って喋って食って喋って、後半は食って食って食って食って…。
もうすき焼きは見たくない!というくらい食って終わり。(笑)

帰路は管理道路を下る予定でしたが、味気ないということで、来た道を戻ることに。

車まで戻り、次は温泉。
今回は173号線から少し入ったところにある、るり渓温泉を選び汗を流す。
大阪まで渋滞にもあわずスムースに帰ることができた。

レンタカーを返して近くの居酒屋で反省会。
体を動かして汗をいっぱいかいた体に、染みこむビールのうまいこと!。



「次の山は?」



行きましょう。




…といいつつ。





ま、山は逃げません。ははは…。(汗)