雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊


雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊

●山 名 百里ヶ岳
●エリア 滋賀県・福井県
●日 時 2014年(H26)7月13日
●天 候 雨のち曇り
●メンバー pikkuさん、坪さん、延さん、蓮さん、じゅんちゃん、たかちゃん、てる
●コース
 9:06 駐車地
10:39 木地山峠
11:34−11:57 百里ヶ岳
12:20 百里新道分岐
12:52 根来坂峠
14:23 駐車地

 





このホームページ内の記録を参考にして山に登られる方は
ご自身の判断と責任において行動されるようお願いいたします


雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
 








大阪を出るときにはすでにパラパラし始めていた雨。
前日の天気予報で今日は雨だとわかっていたけれど
久しぶりの山だし
今日を外すとみなさんの予定を改めて組むのは無理があるのはわかっているので
雨天決行!となった。

我が車はじゅんちゃんとたかちゃんを乗せて小浜へ。
集合場所の道の駅「若狭おばま」へ先に到着。

ここはできて間もない道の駅。
その近くには小浜ICがある。
もう少しすれば小浜ICから敦賀JCTまでの舞鶴道が開通する。
これで舞鶴道は全線開通!。
その告知ポスターがあちこちに貼られていた。

ちょうど4人を載せた坪さん号が到着。
pikkuさん、蓮さん、延さんと坪さんが登場。
蓮さんとは2009年の段ヶ峰以来!。5年ぶりだ!。

しかし、みなさんとお目にかかれたものの坪さんは浮かれない顔。


「雨降ってるし、小浜でグルメ巡りでええやん」


ま、まぁまぁ。(苦笑)

しかし、上根来へ向かう道中では大雨に!
さすがにこれで山に登るか!
と心が折れかけた。

ところがpikku姉さんの一言。



「ここまで来たんだから行こ!」



はい〜♪


雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
ここから百里ヶ岳を目指す



雨が降る中
雨具を着込んで支度を始める。

たかちゃんはおにゅ〜!の登山靴を出してきた。
これから本格的に山登りを始めると決めて先日新調したばかりの靴なのだ!。
それがいきなり雨とはついていないが
これから天気もいろいろある。

いざ出発!。

しかし、いきなり
登山口を探して右往左往…。

正解は民家の前の坂道を
登山口の標識に従って上がっていく!。

標識に従い右へ左へ。
途中で斜面が雨の影響だろうか、ざれていて道が無くなっていた。
そうわかるまで右往左往するも結局、pikkuさんが強行突破?する。
その先には登山道があった。
ここ数年の大雨による洪水などで特に谷や沢に近い地形は変化が大きいように思う。
登山道はしばらく谷筋を走り、二股になったところから尾根を行く。
地形図をみると結構な勾配だったが、つづら折れで登っていて思っていたほどでは無かったので楽に登れた。


 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
道標に従って上を登っていく
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
木地山峠まで道標が続く
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
斜面がざれて道が無くなっていた!
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
足場の悪い道が続く(pikkuさん撮影)
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
地形図通り沢沿いに道は進む
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
二俣からは尾根をジグザグ
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
尾根に近づくとブナが見えてくる
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
 


  気温も高めだが湿度が高いので雨具の中は蒸れ蒸れ。
歩きにくいことこの上ない。

薄暗くテンションも下げ下げのところを無理矢理持ち上げてくれたのは木の緑!。
雨でだろうけど葉が瑞々しく映り
特に大好きなブナが見える頃にはテンション上げ上げに!。
やっぱりブナがある森はいい!。

P589へと延びる尾根に乗っかると立派な道標がお待ちかね。



雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊 
P589への支尾根
木地山峠までの手前の尾根に乗ったところ
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊 ブナ
ブナはいいな〜
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
木地山峠までもうすぐだよ〜!
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊 木地山峠
ガスに靄る木地山峠



導かれるように大きく谷を巻いて木地山峠へ到着。

ここへ着くと嫌でもあの遭難(ビバーグ)したときの情景が思い浮かぶ。
あのとき(2月)、百里ヶ岳山頂からここへ下ってきたときは午後3時前だった。
辺りは薄暗く、雷が鳴り、みぞれらしき物が降っていた。
時間も時間だったので足早に木地山への道を下った。
あの時は何の躊躇も無かったな。

今思えば何故あのような行動を取ってしまったのかわからないけれど
あのことがあって得た経験と知識は
それ以後の山にかけがえのないものになった。
無事に帰れたから言えるんだけどね。

今回の上根来からの到達で、木地山峠はこれで4方向とも制覇!。
パチパチパチ!。
今回はここを百里ヶ岳へと向かう。
 

 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
木地山峠から百里へと向かう尾根
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
ガスが靄っていていい雰囲気
 


晴れていれば駒ヶ岳など高島トレイルの尾根が見えるはずだがそれも今日はお預け。
木地山峠までは細かったブナも
百里ヶ岳へ近づくほどに太さも立派になり見応えのある木が見られるようになる。
ゆっくりとじっくりと見ながら歩いてみたいな。


 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
 


細かいアップダウンを繰り返しつつ少しずつ登りで進み
尾根が広くなったところで最後の登り。
登り切ったところは百里ヶ岳山頂!。


雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊 百里ヶ岳山頂
百里ヶ岳山頂



さすがにこの天気では誰もいない。
前に来たときは雪が積もっていたためかスパッと展望が開けていたように思えたが
結構な高さまで木が茂り晴れていてもスッキリと展望が見えたかどうかは疑問だ。

幸いにも雨はやみ
時間も時間なのでお昼とする。



 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊 百里ヶ岳山頂



百里ヶ岳から下る。
向かう先は根来坂峠。
百里ヶ岳から先は初めて歩く道だ。
ここからもガスが一面に立ちこめて先の見通しは利かない。
太く立派なブナが点在する急な斜面を下り
細い尾根を歩き再び小さいピークを登ると右折の道標。
北西へと向きを変え、しばらく歩くと根来坂峠にたどり着く。



雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
下る尾根にもブナは多い
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
百里ヶ岳直下は急坂
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
 百里新道への分岐
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊 百里新道への分岐
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
尾根の合流で間違えやすいところには道標がある
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
根来坂峠
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
 


お地蔵様が鎮座する静かな峠。
この先のおにゅう峠まで行くと舗装道路が横切り風情も何もないようだけれど
ここは昔ながらのお地蔵様が鎮座する峠だ。

出発地点へ戻るにはおにゅう峠へ向かう尾根から平行に右下へと下る道が近道だ。これが鯖街道だ。
僕のマイミクさんのお二人が小浜と出町柳を結ぶ鯖街道ウルトラマラソンに出場しここを走っている。
今は自分もランニングにはまっている身。
いずれ同じように走るときがくるんだろうか?。


さすがに大昔から今もたくさんの人に歩かれている道だけあってよく踏まれしっかりしている鯖街道。
歴史を感じながらゆっくりと下る。



 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊 根来坂峠
根来坂峠にあるブナの大木
 

 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
鯖街道はしっかりと踏まれた道
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
おにゅう峠への道が登山道からも見える
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
鯖街道は変化が多く歩いていて楽しい
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
池の地蔵の横にある井戸
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
一旦、林道を歩く
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
上根来の村が見える
 


下がるほどにガスが薄れ、そしてブナから植林へと変わっていく。
おにゅう峠からの道路が何度となく見え、そのうち合流。
少しだけ道路を歩いて再び登山道へ。そして最後は道路へ。

  

 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
再び鯖街道(登山道)へ
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
倒木にびっしりと付いていたキノコ?
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
きれいな杉の木の間を鯖街道が延びる
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
大きなカエル!
 

雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
ブナの大木を撮影する僕(pikkuさん撮影)






道を歩きながら山を見上げると高島トレイルの延長上の尾根がガスを巻きながらもうっすらと見える。
この高さを下ってきたんだとたかちゃんへ言うとへぇという顔をしていた。
この頃には雨はやみ雨具を脱ぎたいなぁと思い始めたとき駐車地へ到着。
おつかれさまでした〜。




 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
林道との分岐に「鯖街道」の道標有り
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
あとは林道を歩くだけ
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
歩いてきた方角の山
てっぺんは高島トレイル
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
おにゅう峠からの林道は通行止めだった
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊 ホタル
ホタルブクロ
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
この周辺を網羅した地図
「山のてっぺん上根来」
(画像をクリックすると拡大します)
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
 

帰り支度をしていると蓮さんがすいかを出してくれた。
何でも山頂で食べるつもりで持って歩いてくれていたんだとか。
寒くて出さないまま降りてしまったようだ。
割ってくれたすいかをありがたく頂戴する。
甘くてうまい!。


雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
すいかはいらんかね〜>蓮さん
 
雨でも登る!上根来から百里ヶ岳へブナの森を周遊
甘くて瑞々しい!



温泉はくつき温泉てんくうまで足を伸ばしてひと汗流す。
もちろん帰りにソフトクリームは欠かせない。(笑)

久しぶりに歩いたこのエリア。
やっぱりいい。
今度は紅葉の時期に来ましょうと言って解散となりました。