大台ヶ原(東大台を回遊)おおだいがはら          

●場 所:大台ヶ原(おおだいがはら)
●山 域:台高
●日 時:1997年(H8)5月25日
●天 候:曇りのち晴れ
●標 高:日出ヶ岳1695m
●地形図:大台ヶ原山(1/25,000)
●コース:大台ヶ原駐車場−日出ヶ岳−正木ヶ原−牛石ヶ原−大蛇ー−大台ヶ原駐車場
●メンバー:亀さん、みほちゃん、てる


本当なら柏木の下多古エリアでクライミングとしゃれ込むつもりで訪れた上北村。
雨模様の大阪を出発。大迫ダムの脇のパーキングで幕営し夜明けを迎えましたが。

明けのお天気はお天道様しかしらない〜。今夜は飲もう飲もうとアルコールとおつまみを片手に
話し込んだのでした。
大迫ダムの横にはお便所があり幕営にはもってこい。次の日の活動もしやすいということでクラ
イマー御用達の場所でもあります。


「雨に濡れる下多古エリア」

翌朝、早速下多古エリアへと向かいました。
天気は回復に向かっているものの、岩場は
お湿り状態で滑って登ることができず。
3人とも岩場を見つめて思わず深〜いため
息をついたのはいうまでもありません。


それでも、あきらめきれない
亀さんはルートの出だしに取
り付いて、つかの間の感触を
味わっていました。
尚、現在このエリアは僕らが
訪れた数日後に登坂禁止にな
ったそうです。


クライミングできないなら山歩きに行こうと気分一新。近くの大台ヶ原へと足を運びました。
ここには東大台を一周できるルートがあるということで、そのルートを選びました。すでに駐車場は
満車とあって係員の指示で道路脇に車を停めて歩き出しました。


さすがに有名なコースと見えて
要所にコンクリートの道となって
いました。



日出ヶ岳山頂へはこんな風にきちんと
整備された階段を歩くとすぐです。


やったぁ!山頂到着。
360度パノラマを楽しめます。しかし、風が
冷やこい。汗をかいたシャツが次第に冷たく
なっていくのがわかる。


山頂展望台から南東側を撮ったところです。左側に熊野灘がはっきりと見えます。


山頂を後にして正木ヶ原へと向かいました。
途中からトウヒ林の中を歩きます。しかし、どれが
トウヒなのか立ち枯れの木なのかわかりません
でした。(^^;
山道はとても整備されていて、なだらかな道が続
きます。


野生の鹿です。餌付けをしないようにと
看板もありましたが、こんなにかわいい
鹿を見るとみんな餌をあげたくなるんで
しょうね。
警戒はしているもののかなり近くまで
近寄ってきます。


さらに先を歩くとこの正木ヶ原に着く。
このあたりだけ何かに食べられたように
ぱっくりと開けていて何か不思議な感じ
がします。


さらにどんどん歩いていくと牛石ヶ原
に出る。入って右には桓武天皇の銅
像がある。


牛石ヶ原から分かれ道を左へ向かうと
間もなくこの大蛇ーへつきます。
木で組まれた足場を登ると…


こんなすばらしい風景が見られます。
馬の背のように細長くなっている岩稜を
こわごわ先まで歩くと断崖絶壁、目も眩
む高さを体感できます。
目の前にあるのは東ノ川を挟んだ竜口
尾根、右手には名瀑100選にも選ばれ
ている中の滝まで見渡せます。


その展望を見ながらお昼を取りました。
雄大な景色を眺めながら、頬張るおにぎりは
味もまた格別。しかし、谷から吹き上げる風が
冷たいこと。


沿道にはアケボノツツジがきれいに咲いていました。


元の道に戻って左に曲がり先に進むと
道は下り坂になって、このシオカラ谷に
来ます。
この吊り橋を渡って樹林の中を登るきる
と駐車場に戻ります。
ハイキング気分でこれだけ楽しめる大台
ヶ原はとってもグー!。