ファミリーハイク 紅葉の大台ヶ原を歩く
囲炉裏 大台ヶ原

大台ヶ原 シオカラ橋
●山 名 大台ヶ原
●エリア 奈良県・三重県
●日 時 2009年(H21)10月18日
●天 候 晴れ
●メンバー てるファミリー 4人
●コース
大台ヶ原駐車場 8:05
シオカラ橋 8:52−9:04
大蛇ー 10:18−10:52
正木ヶ原 11:50
日出ヶ岳山頂 12:45−12:58
大台ヶ原駐車場 13:33





このホームページ内の記録を参考にして山に登られる方は
ご自身の判断と責任において行動されるようお願いいたします


大台ヶ原 地図






 全国で紅葉の便りが聞かれるようになり、関西にもその波がやってきた。
 関西で一番早いのは御在所岳と大台ヶ原だ。
 その大台ヶ原を歩くプランを考えて、家族に提案。即OKの返事。

 この時期の大台ヶ原は車が渋滞することで有名だ。駐車地を確保するために、前夜自宅を出る。

 現地に付いたのは午前1時頃。駐車場の入りは6割くらい。
 温度計は7度を指している。
 外へ出ると360度全部が星空!。
 眠っている長女を起こし、嫁さんと3人星空見物。
 「うゎーすごいぃ!」と期待通りの声。にんまり。(^^)v
 ちょうど、オリオン座流星群のピークが近づいていることもあり、じっと見ていると流れ星が。「あー!流れ星ぃー!」。初めて見る流れ星に感動する娘。
 しかし、あまりにも寒いので10分ほどで車の中に戻った。

 午前6時半起床。
 車内で朝食を食べ支度をする。

 外は気持ちがいい青空。絶好の紅葉狩り日和。
 大台ヶ原の東大台は一周のコースになっている。今回は反時計回りで歩くことにした。


大台ヶ原 駐車場 大台ヶ原 駐車場 大台ヶ原
午前6時頃の駐車場風景 ハイキングコースだけあって
要所要所に道標が設置してある


大台ヶ原
歩き始めてすぐに足が痛いと言い出す長女
 何かが当たっていたようだけど原因不明


大台ヶ原


大台ヶ原
シオカラ谷へ下る石階段


大台ヶ原 大台ヶ原


大台ヶ原


大台ヶ原 シオカラ橋
シオカラ橋の周辺も紅葉は見頃でした


大台ヶ原 大台ヶ原
どんぐりを見つけては拾うの繰り返しで、なかなか前へ進まず…


大台ヶ原 大台ヶ原
次女も時々背負子から降りて歩いてくれました こんな感じで歩いてました


大台ヶ原 大台ヶ原 大台ヶ原


大台ヶ原


大台ヶ原 大台ヶ原


大台ヶ原 大蛇ー
大蛇ーで記念撮影(太陽がまぶしくて顔を上げられない二人}


大台ヶ原 大蛇ー
大蛇ーから望む西大台方向
岩壁に彩る紅葉がとても素晴らしかったです


大台ヶ原 大蛇ー
パンフレットにもよく載る大蛇ーの定番画像をまねてみました


大台ヶ原 大蛇ー
岩場大好き、怖いところ大好きの
長女はがんばって
先端まで行きました


大台ヶ原 大蛇ー


大台ヶ原 大蛇ー 大峰山系
大蛇ー対岸の竜口尾根(手前)を望むと
その向こうには大峰山脈の名だたる山々が並んでいる


大台ヶ原 大台ヶ原 大台ヶ原


大台ヶ原 大台ヶ原


大台ヶ原
正木ヶ原の土壌を守るために設置された木道
12年前に来たときはまだ木道はなかった
8年前に来たときは木道に手すりがなかった
少しずつ変わっている


大台ヶ原


大台ヶ原


大台ヶ原


大台ヶ原


大台ヶ原
12年前に来たときの画像(下)と比べると、立木の荒廃は一目瞭然
大台ヶ原1997年(平成8年)撮影


大台ヶ原


大台ヶ原


大台ヶ原


大台ヶ原 大台ヶ原
ベンチで休んでいると隣にいたおじさんが
柿の葉寿しを分けてくれた。
食わず嫌いな二人が
なぜかこのときはパクパク食べて一言
「おいしい!」だって!。
シロヤシオの紅葉


大台ヶ原
日出ヶ岳山頂直下の分岐にあるベンチから東側を望む
正面のピークは加茂助谷ノ頭というのだそうだ


大台ヶ原
日出ヶ岳山頂の展望台
ご覧のような大賑わい


大台ヶ原
日出ヶ岳の展望台から北西を望む
右のピークは三津河落山


大台ヶ原 大台ヶ原
日出ヶ岳一等三角点で記念撮影


大台ヶ原


大台ヶ原
駐車場到着
お疲れ様〜


 駐車場に到着後、今度は小処温泉へ直行。
 大台ヶ原ドライブウェイの途中で小処温泉への分岐を入り、細い林道をこれでもか!というほど下っていく。(笑)
 よくぞこんなところに温泉を開設したと思うような場所に小処温泉はあります。
 数年前に改装された温泉施設はとても綺麗で、浴室は露天風呂もあり開放的で気持ちいいです。

 紅葉の大台ヶ原。
 子供二人ともよく歩いてくれました。特に長女は今までで最高の距離を歩いてくれました。
 でも、よく歩いてくれてお父さんは嬉しかったです。(^^)v