ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?

ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?


●山 名 高御位山
●エリア 兵庫県
●日 時 2009年(H21)5月30日
●天 候 曇りのち晴れ
●メンバー しんさん、えりさん、ユタカくん
てる、さとみさん、まなちゃん、ちぱ
●コース 高砂公園墓地 9:43
登山口 10:04
高御位山山頂直下の広場
11:09−11:53
高御位山山頂 12:04−12:16
高御位山神社 13:00
高砂公園墓地 13:30





このホームページ内に報告している記録を参考にして山に登られる方は
ご自身の判断と責任において行動されるようお願いいたします
報告内容についてはあくまでも参考程度にとどめてください


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?





 この一週間前に登った高島トレイルの与助谷山でご一緒した時、えりさんに
「来週家族で高御位山へ登るんだけど一緒にどう?」と振る。
 旦那のしんさんにメールして帰ってきた返事は「行きます!」。これで商談成立!。(^^)v
 高御位山は10年前に亀さんと登って以来のご無沙汰。
今回ここを選んだ理由は長女のまなちゃんの一言だった。
「歩くのは嫌だけど岩は登りたい」。
将来はクライマーになるのか?。(笑)
 さてどうなりますやら。

 高砂公園墓地でしんさんファミリーと待ち合わせ。
しんさんファミリーと一緒に山へ登るのも今回で何回目だろう?。
子供同士も1ヶ月ぶりの再会なのですぐに意気投合。(^^)
 今回まなちゃんに新しい登山靴をプレゼントした。キャラバンのジュニアトレッキングシューズだ。
昨冬に剣尾山へ登ったとき雪で靴が濡れて辛い思いをさせてしまった。
これからのことも考えてしっかりした登山靴を買うことにした。今日は靴のデビュー戦だ。
 

ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
新しい靴を履いてVサイン


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い? ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い? ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?

 
 15kgほどになったちぱを背負う。プラス水系をポケットに詰めると合計17kg。背負子の重さが2kgとして19kg!。まじかよ…。
 背負うとズシッと肩に食い込む。おまけに右や左やと体重を移動させてくれるので、かなり疲れる。
 しんさんもユタカ君を背負って出発。しばらくは車道脇をテクテクと歩く。

 お天気は予報に反して晴れ!。曇りのち雨予報だったので、お天気になって良かったねとこのときは喜んでいた。
 途中から村落の中へ入り、道標に従って右へ左へとウネウネ進む。
 左手に高御位山の岩場が見え「あれを登るよ」と言うとさとみさんが「えええぇぇぇ!?」と絶句。ここまで来たらもう後には引き返しません。
 やっと地道となり細い登山道が始まったら雑木林の中を突進。いきなり急坂となる。

 しばらく歩くとまなちゃんが「もう帰る」と言い出す。え?。まだ半分も来てないんですけど…。
見れば顔は真っ赤っか。岩場で日陰が少なく、おまけに照り返しもあり背が低い子供には厳しい山歩きになってしまったようだ


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い? ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い? ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
村落を抜けて登山口へ ちぱを背負い一歩一歩登る 岩の照り返しで暑い!


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
対照的な二人(笑)







ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
高御位山名物の岩場ルート


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
ユタカくんは元気いっぱい!


 まなちゃんの大好きな岩場が続くが「もうイヤ!帰るぅ!」と怒っている。 そんなまなちゃんを何とかなだめて分岐まで歩いた。
 このまま岩場を直登するルートと巻き道ルートの分岐だ。
 巻き道ルートは雑木林の中を進み、見た目なだらかそうだったのでこちらを選んだ。
 道がなだらかになったので、ちぱを降ろしたことで、二人楽しく歩き出した。
 お姉ちゃん精神が出て「ここは危ないよ」「ちぱ気をつけて」と自分のことはさておき、ちぱのことを気遣っているうちに山頂直下の広場へ着いた。


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い? ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
岩場ルートを回避し巻き道へ


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
ちぱも歩く


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
山頂直下の広場


 時間は11時で、まだお昼には早いがここで昼食とした。
 辛そうな顔をしていたまなちゃんは、コンビニで買った、好きなざる蕎麦を食べると元気になった。
 見晴らしは最高で空を見上げれば夏の空のようにな入道雲が景色を飾ってくれている。 
展望は瀬戸内海はもとより、明石海峡大橋を渡って淡路島。そして遠くに四国。右を見れば島が点々と見える。家島諸島だ。
走ってきた第二神明はミニカーのような車が連なって走っている。時折新幹線が芋虫のように通り抜けていくのが見える。
 これだけ暑いにもかかわらず、登ってくる人はすごく多い。
登山客は数知れず、町の散歩スタイルで犬を連れた人や、ちぱくらいの子供を連れた人などなど多種多様。
まるで地域の「おらが山」。


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い? ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?


 食べ終えた後、荷物をデポし山頂へ行ってみることにした。えりさんにバンダナを持ってきてもらうようにお願いする。
 階段を登り社務所の前を通り過ぎると、山頂だ。
 岩場をよじ登ると、さきほどよりさらに見晴らしのいい展望台に出た。
 その場にいた白装束姿の男性が「良く登ってきたね!」とまなちゃんを褒めてくれる。 
この風景をバックにバンダナショットを…。
「あ!バンダナ忘れた!」とえりさんが下っていく。(笑)


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?






ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?


 無事、バンダナショットを撮り下山にかかる。
本当ならば尾根を縦走し鹿島神社へ下る予定だったがまなちゃんがこの状態ではちょっと無理ということで、そちらはパスし
(1)来た道を戻る (2)南東への尾根ルートを下る のどちらかを選ぶことにした。
 (1)が一番短いルートだが、岩場を下ることは嫌だというので、結局(2)を歩くことになった。
 ここからも尾根に縦走路が渡っているのが見える。
この広場にある案内図では一旦下って登り返したところにある鉄塔のさらに向こう側まで行かないと、駐車場へ戻るルートはないように表示されていた。 
あれを登り返すのかー。と思いつつ岩場を下ることにした。


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い? ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
下りが怖いとお尻を付いて下るまなちゃん   ユタカ君を乗せて下っても安定感抜群

 





ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
しかし、慣れてくるとこんなもんです(笑)


 鞍部まで来ると、南西へ向けて直角に下る道を発見。これこそ求めていた短縮ルート。
 これだけ村落に近いと鞍部にはたいてい踏み跡がある。
しかし、バリハイ慣れしている僕ならまだしも、ファミリーでのバリハイ突入はちょいと躊躇した。

でもちょいと躊躇したのは数秒で次のモーションでは突入していた。(笑)
 全体的に良く踏まれたルートでファミリーでも何ら問題なし。
 2箇所の分岐を経て出てきたのは高御位山神社の横だった。ここにも高御位山神社があるということは山頂は奥社?。


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い? ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
南西へ向けてのバリハイルート   慎重に下るまなちゃん


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
神社の横に出てきた


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
ここから見るとちょうど真っ直ぐ上に
山頂の岩場が見える


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?
仲良く手を繋いで帰りましょう〜♪


ファミリーハイク高御位山 岩歩きはお嫌い?


 途中にため池があった。覗いてみると魚やオタマジャクシがたくさん泳いでいる。
子供達は大喜び。子供達がいないと素通りしてしまうところ。
小さな目線で一つ一つ興味を持ってみている子供達を見て微笑ましく思う父親でありました。
 駐車場へ戻り、今度は温泉へ。加古川天然温泉ぷくぷくの湯。 

一風呂浴びてすっきりしたのち、えりさんの実家である「日乃出食堂」へ寄せてもらい、美味しい料理をお腹いっぱい食べて大満足!。
 高御位山へ登った帰りはぜひJR土山駅からすぐの「日乃出食堂」へお立ち寄りください〜♪。
 
 久しぶりのファミリーハイクでしたが、いろいろ反省点もありーの、でも次の山をもくろむ父でありました。(笑)

 「日乃出食堂」
 電話 0120−081276
 住所 加古川市平岡町土山1221
 

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )