全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系

キハ82系

国鉄初の特急電車151系(こだま形)の開発に続き特急形気動車の開発に着手した結果キハ80系(キハ81系)が誕生した。
当初、ブルドックのような先頭車のキハ81系が製造されたが故障が多く関係者を悩ませた。改良型のキハ82系は先頭車を貫通型に変更し重連や増解結に自在にした。

DMH17エンジン(180ps)を2機搭載(先頭車は1機)し昭和36年から42年にかけて新潟鐵工所・帝国車両・富士重工業・東急車輌・日本車輌で110両(キハ82系)が製造された。

当時は非電化区間が多く独断場だったが、電化区間が広がるにつれてその活動場所を狭められのちに強力なエンジンを載せたキハ181系の登場もあって、徐々に廃車に追い込まれた。
現在はその姿も過去のものとなりました。
画像は名古屋駅で撮影した「南紀」。


全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
キハ181系

電化区間が広がるにつれ特急型気動車も次第に勾配のきつい線区に登用されるようになり、そうなるとキハ82系ではエンジン出力の不足によりスピードアップが困難となってきた。そこで大出力エンジンを搭載した気動車が開発され、キハ90・91を経てDML30HSエンジン(500ps)を搭載した181系特急型気動車が登場しました(昭和46年製以降はDML30HSE)。

スタイルはキハ82系の流れを踏襲したものの、各所において改良されている。まず、前照灯と標識灯カバーが角形になり、タイフォンとテールランプが並んで設置され、運転室後部の機器室が大型になり側面のグリルが長くなった。最も印象を変えたのが屋根全体に覆われた放熱器だろう。これはエンジンロスを少なくするための処置で、水冷式 から空冷式に変更となったためだ。

181系は昭和43年から47年にかけて158両が製造され、北海道を除く全国各地で見ることが出来たが、順次電化区間の開業とJRとなって各社沿線に合った車両が開発されたため、その働き場を追われ現在では山陰地区を中心に活躍するだけとなった。
しかし、その勇姿も2001年7月改正で大幅に削減され風前の灯火?となる。

画像は山陰本線上川口駅で撮影した特急「あさしお」。


全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系



全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
 2003年9月に 181系「いなば」 187系「スーパーいそかぜ」 181系「はまかぜ」を乗り継いだ旅行記
−キハ181系を求めて山陰周遊の旅− をホームページにしました
ホームページはこちら
 








特急「まつかぜ」
 1961年10月の改正で誕生した「まつかぜ」。日本海からの風を遮るため植林された松を通る風を示すこの名前が命名された。誕生当初は京都と松江を結ぶ特急として活躍し、その後1964年3月には博多まで足を延ばす。1972年10月には新大阪〜浜田を結ぶ特急「やくも」を吸収し同時に運転区間を鳥取に短縮し2往復体勢となる。その10月に京都〜新大阪間が廃止となり新大阪発着となる。1982年7月の改正では鳥取「まつかぜ」を米子まで延長と同時にキハ181系に変更。
1986年11月国鉄最後の日と共に廃止された。
キハ82系「まつかぜ」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】塚本駅
堂々12両長大編成で塚本駅を通過する特急「まつかぜ」。福知山線、山陰本線を経由して博多へと13時間のロングラン。
1982年3月撮影。
【撮影地】大阪駅
1983年2月撮影。山本氏撮影。
【撮影地】東淀川〜吹田
1983年8月撮影。
 
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】高槻〜山崎
1983年9月撮影。
【撮影地】高槻〜山崎
1982年3月撮影全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
キハ181系「まつかぜ」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】
三田付近を走行中の米子「まつかぜ」
昭和60年8月撮影。
【撮影地】高槻〜山崎
1985年5月撮影全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系


特急「はまかぜ」
 1971年10月の改正で「はまかぜ」の前身となる、臨時特急「ゆあみ」が誕生。1972年3月の改正で定期列車に昇格。と同時に「はまかぜ」と改称した。播但線経由の特急列車として活躍する。1982年1月、181系に車両変更。現在に至る。
キハ181系「はまかぜ」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】東淀川駅〜吹田駅
この頃はこの付近もフェンスがなく、スッキリした写真が撮影できたのですが。
1984年2月撮影。
【撮影地】???駅
どこの駅の交換だったか忘れてしまいましたが播但線内の駅です。ヘッドマークが少しヘン。
1994年10月撮影。
【撮影地】大阪駅

1983年2月。山本氏撮影。
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系    
【撮影地】高槻〜山崎
1985年5月撮影全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
   
キハ82系「はまかぜ」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系  
【撮影地】高槻駅〜山崎駅
181系化になる1ヶ月前に撮影した「はまかぜ」です。
1982年6月撮影。
【撮影地】須磨
1982年6月撮影。
 






特急「あさしお」
 1972年10月の改正で誕生した「あさしお」。山陰特急の先輩格である「まつかぜ」「はまかぜ」に続いて京都から山陰を結ぶ特急として活躍した。1往復は宮津線廻りで運行された。1982年7月、「やくも」の電車化により捻出された181系を使用開始。同時に急行「丹後」を吸収し増発。1996年3月山陰本線園部〜綾部間の電化に伴い「きのさき」にその座を譲り24年の歴史に幕を閉じた。
キハ82系「あさしお」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】馬堀駅〜亀岡駅
まったくまだなにも電化工事が行われていなかった頃の亀岡付近です。
当時は舞鶴方面や米子までも足を延ばしていました。
1982年6月撮影
【撮影地】馬堀駅〜亀岡駅
1982年6月撮影
キハ181系「あさしお」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】上川口駅
列車交換のために停車した「あさしお」です。
【撮影地】京都駅
ディーゼル特有の排ガスを出しながら唸るディーゼルエンジンはローカルなイメージがありましたね。
1983年2月撮影
【撮影地】京都駅

1983年2月撮影。


特急「やくも」
 1965年10月改正で新大阪と浜田を結ぶ「やくも」が誕生。その後、「おき」の後任であるルートを継承し1972年3月岡山と出雲市・益田を結ぶ特急として定着する。誕生当初はキハ82系を使用するも1972年よりキハ181系に置き換わる。1982年7月の伯備線・山陰本線の電化により電車化となり現在に至る。
キハ181系「やくも」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】岡山駅
電化される5ヶ月前に撮影したものです。現在は381系になり運行されています。
1982年2月撮影。
【撮影地】岡山駅
排気音を響かせながら発車する「やくも」。
1982年2月撮影。
【撮影地】岡山駅
キハ181系時代は益田まで足を延ばしていました。
1982年2月撮影。


特急「ひだ」
 1968年10月の改正で誕生した「ひだ」。最初「ひだ」の愛称は名古屋〜富山間の準急として使用されていた。現在はキハ85系で運用されている。姉妹列車「北アルプス」も載せています。
キハ82系「ひだ」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】名古屋駅
この頃にはすでにヘッドマークが絵入りになっています。
1982年10月撮影
【撮影地】中川辺駅

1985年2月撮影
【撮影地】中川辺駅

1985年2月撮影
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】名古屋駅

1982年10月撮影
名鉄8000系「北アルプス」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】鵜沼駅周辺
ご存じ名鉄の気動車です。
現在は8500系に置き換わっています。
昭和60年2月撮影。
【撮影地】鵜沼駅周辺

特急「南紀」
 1978年10月改正で「南紀」が誕生した。それまでは「くろしお」が天王寺〜名古屋間を担ってきたが、天王寺〜新宮間の電化完成により、区間を変更し「南紀」の誕生となった。現在はワイドビュー車両キハ85系で運行されています。
キハ82系「南紀」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】名古屋駅

1982年10月撮影。
【撮影地】名古屋駅
サボと行き先表示表です。
1982年10月撮影

特急「おおよど」
 1974年4月改正で「おおよど」が誕生した。名称は宮崎市内を流れる大淀川から命名された。小倉経由の「にちりん」が電車化された後も、1往復のみ西鹿児島まで走行するため運用の間合いを利用して誕生したいきさつがある。そのため日豊本線が全線電化となった翌年、「にちりん」の電車化により廃止されおよそ6年の短命に終わった。
鹿児島本線・肥薩線・吉都線・日豊本線を経由しループ線やスイッチバックなどで名高い肥薩線を通っていた。
キハ82系「おおよど」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】博多駅?
撮影日不明。鈴木守氏撮影。

特急「にちりん」
 1968年10月改正、いわゆるヨン・サン・トウの改正で誕生した「にちりん」。1979年10月日豊本線全線電化によりキハ82系の運用は消滅しました。
キハ82系「にちりん」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】不明
撮影日不明。鈴木守氏撮影。。

特急「おき」
 初代「おき」は新大阪と出雲市を岡山経由で結ぶ特急列車として1971年(昭和46年)誕生する。翌年、山陽新幹線岡山開業に伴い「やくも」と改称。1975年(昭和50年)3月10日山陽新幹線博多開業に伴い小郡と鳥取を結ぶ気動車特急として復活。現在に至る。
キハ181系「おき」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】波根〜田儀
ガイドブックにもよく載る撮影地です。日本海と海岸縁を左に入れて撮影します。道が細くて車でも苦労する場所です。
2001年5月撮影
【撮影地】浅利駅
貨物扱いや列車交換ができる設備があったような面影を残すこの駅でひなびた感じを出したかったのですが失敗してしまいました。
2001年5月撮影
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】米子〜安来
国道から少し離れた山間を抜ける「おき」。最後の力走です。
2001年7月撮影

特急「いなば」
 「いなば」の歴史は1965年(昭和39年)までさかのぼる。初代「いなば」は鳥取と広島を芸備線経由で結ぶ「ちどり」と同ルートで設定された気動車急行であった。のちに「ちどり」に吸収され、再び姿を現すのは1972年(昭和47年)大阪と松江を結ぶ急行列車としてであった。これも1975年(昭和49年)「いでゆ」と改称し、「いなば」の名称は東京と米子を結ぶ寝台特急に抜擢される。しかし、これも長くは続かず1978年(昭和52年)に出雲市まで延長したのを機に「出雲」に吸収され「いなば」は消滅。約20年の潜伏期間を経て4代目「いなば」は1996年(平成8年)特急「あさしお」の電車化を機によってうち切られた鳥取〜米子間を結ぶ特急として復活。しかし、これも「くにびき」に統合され1998年(平成10年)現在の岡山〜鳥取間を結ぶ智頭線経由の特急として活躍しています。 
キハ181系「いなば」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】上郡駅
上り下りともこの上郡駅でスイッチバック形式で方向転換する。
平成11年10月3日撮影。
【撮影地】三石駅〜吉永駅
往年の長編成と比べると寂しい限りだが国鉄色で元気に走る姿を久しぶりに見て感動した。
平成11年10月3日撮影。
【撮影地】三石駅〜吉永駅

平成11年10月3日撮影。
     
【撮影地】苔縄〜上郡
下記の「はくと」を撮影するために訪れた智頭線で撮影しました。
2001年5月撮影

特急「はくと」
1994年12月智頭急行鉄道が開業するとともに登場した「はくと」。しかし、181系「はくと」は臨時列車扱いで主役はHOT7000系「スーパーはくと」だった。1996年3月改正時に一時は定期列車化となったものの1997年11月改正時には全てがHOT7000系化となり消滅。臨時列車としてしばし復活することも…。
キハ181系「はくと」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】河野原円心〜苔縄
久しぶりに臨時列車として走った181系はくとを追いました。1・2・5号車が後藤車、3・4号車が京都車の混合でした。
2001年5月6日撮影。



特急「くにびき」

1988年3月「くにびき」新設。米子−益田間で運用開始。1996年3月より鳥取−益田に区間延長。1997年11月「いなば」の運用区間鳥取−米子を「くにびき」に系統変更し現在に至る。
2001年7月改正ではキハ187系に置き換わるためキハ181系の勇姿も見納めです。
キハ181系「くにびき」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】田儀〜波根
夕刻、日が日本海に傾く時刻で露出が上がらなかったので正面から狙いました。本来は長いレンズで狙うのがベターでしょう。
2001年5月撮影。
【撮影地】伯耆大山〜淀江
朝日を受け鳥取に向けてひた走る「くにびき」。
2001年7月撮影
【撮影地】米子〜安来
187系に置き換わる数日前に最後の撮影に出向きました。
2001年7月撮影
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】米子〜安来
有名撮影地を避けて、あえて電化区間内で撮影しました。これがキハ181系での最後の「くにびき」でした。
2001年7月撮影

特急「いそかぜ」
 1985年3月14日 「まつかぜ」の米子〜博多間を譲り受けて「いそかぜ」が誕生。1993年3月18日博多〜小倉間の部分廃止により現在に至る。2001年7月改正では181系として残るものの益田〜小倉間に短縮される。
キハ181系「いそかぜ」
全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系 全国の特急網を確立した気動車キハ82系・キハ181系
【撮影地】河野原円心〜苔縄
国道9号線沿いの小高い場所にあるこの撮影地は4人が精一杯。
2001年5月6日撮影。
【撮影地】米子〜安来
大山をバックに最後の走りを見せる181系「いそかぜ」。
2001年7月撮影