DD13ディーゼル機関車ファイル


 DD13はDD11を基本に作られた入換用液体式ディーゼル機関車で、1958年(昭和33年)誕生しました。全長13600mm、全幅2846.4mm、車軸配置B−B、重量56トン、DMF31S×2の740PSという諸元性能を誇り416両が製造されました。
 DD13は大都市を中心に全国各地で活躍し、駅構内や操車場の他にローカル線でもその姿が見られました。しかし、より高性能なDE10、DE11の登場により徐々にその活躍の場を追われ、1987年(昭和62年)全機廃車となりました。



DD51や他機関車はこちらをクリック 


画像をクリックすると拡大します
【DD13 174号機】 【DD13 175号機】  【DD13 178号機】
【撮影地】吹田信〜宮原
1983年10月撮影
【撮影地】吹田信〜宮原
1983年10月撮影
【撮影地】吹田信〜新大阪
1983年11月撮影
 
【DD13 182号機】  【DD13 196号機】  【DD13 200号機】
【撮影地】吹田信〜宮原
1983年11月撮影
【撮影地】吹田信〜宮原
1983年11月撮影
【撮影地】吹田信〜宮原
1983年10月撮影
 
【DD13 251号機】 【DD13 256号機】 【DD13 318号機】 
【撮影地】吹田機関区
撮影会で撮った一こまです
1985年8月撮影
【撮影地】吹田信〜宮原
1983年10月撮影
【撮影地】吹田信〜宮原
タキを連ねて
1983年11月撮影