所属機関区別 EF58ファイル
[昭和59年1月当時の所属を基準にしています]


所属機関区別 EF58ファイル 所属機関区別 EF58ファイル 所属機関区別 EF58ファイル




1984年(昭和59年)2月。当時を知るゴハチファンならずとも忘れられない日となったこのダイヤ改正。当時のEF58は東京・広島機関区を除いて主に荷物列車の運用にあたっていましたが、全国的な貨物列車の削減による機関車の余剰、荷物列車全面EG化、そしてEF58自体の老朽化に伴い一気に廃車へと追い込まれていきます。

この2月の改正時では信越線で活躍していたEF62が、EF58に代わり東海道・山陽本線の荷物列車を担当することになりましたが、受持区の変更(浜松・米原・宮原から下関)や暖房方式の変更に伴う問題点やEF62が元々所属していた高崎二区にとっても改正時点まで機関車が必要だったこともあり、必要両数が下関機関区に届くまで暫定ながらEF58が各所から集結し荷物列車を担当したというエピソードがあります。

このホームページでは当時、私が追っていたゴハチのすべてを当時の所属機関区別に分けて載せてみました。下記の機関区名から所属機関区のページへ入ってください。尚、現在公開しているのは浜松機関区・米原機関区・宮原機関区・竜華機関区です。今後順次他機関区も公開していく予定です。






宇都宮機関区 89 103 109 114 116 122 141 144 145 151 154 168 172          
東京機関区 12 14 61 68 88 124 129 148                     
浜松機関区 91 93 94 142 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 169
米原機関区 36 74 77 96 111 112 113 118                    
宮原機関区 44 45 48 56 98 100 101 125 126 127 128 138 140 143 146 150 171  
竜華機関区 39 42 66 99 139 147 149 170                    
広島機関区 38 63                                
 
※青塗りの番号は昭和59年2月改正時に廃車になった車両を示します
※紫塗りの番号は昭和59年4月、EF62置き換え完了後に廃車になった車両を示します
※このホームページを作成するにあたり「鉄道ファン」1984年1月号・3月号、「華麗なる特急電機EF58」を参考にさせていただきました
※更新については「れいるぅえいすとーりー」をご覧下さい