EF65電気機関車ファイル
[1983年〜]





 1960年代(昭和30年代)。当時、東京オリンピックや東海道新幹線の開業に象徴されるように高度成長期に入った日本は好景気に沸き、それに伴い貨物需要も逼迫していました。増大する貨物輸送に対応していた当時の主力機、EH10・EF60は互いに性能に違いがあり、共通運用をまとめるには問題があったため新型機関車の開発に矛先が向けられました。
 そこで充分すぎるEF60の牽引力を速度向上に振り向け開発されたのがEF65でした。外見はEF60後期形とほぼ変わらないものの内部はEF60誕生以後の開発技術が存分に活かされ、自動ノッチ式制御・バーニア制御・空転検知装置など大幅に性能は向上。諸元性能も最大1200トンの荷重を10パーミル勾配で牽引を可能とし、最高速度も115km/hまでアップさせることを可能にしました。
 こうして1965年(昭和40年)EF65 1号機が川崎車輌で誕生し、以後平坦用直流機として最大勢力を誇る308両が製造されました。大まかな分類としては初期型の他に500番台(ブルートレイン牽引用P型と貨物用F型)・1000番台に分けられます(詳細は各ページサイトを参照)。
 しかし、そのEF65も初期型は製造から30年余りを経過し、近年EF65に代わるべくEF210などの登場により、徐々にその活躍の場を追われつつあります。すでに初期型の多くと500番台及び1000番台にも廃車が出始め、今後の動向が気にかかるところ。
 当サイトでは1980年代に撮影したカマを中心に幅広く載せています(順次発表していきます)。当時はゴハチが廃車に追い込まれブームにまでなったほどですが、その陰に隠れるようにEF65を撮影する人はほとんど見かけず、「ついで」に撮っていた人が大半でした(私もそのくちでしたが)。何せEF65にこんな時代が訪れるなんて思いもしなかった頃でしたから…。

 尚、今のところ初期型一次型のみ公開しています。今後も順次公開していく予定です。 
 


初期形(一次形) 1−47号機
(二次形) 48−72号機
(三次形) 73−84号機  
(四次形) 85−104号機  
(五次形) 105−120号機  
(六次形) 121−135号機  
500番台     
1000番台     
 
リンクについて「れいるうぇいすとーりー」「outdoor.site」以外へのリンクはお断りしています。末端ページ及び画像への直接リンクはおやめください。
このホームページを作成するにあたり「レイル・マガジン」5号・157号・197号、「トレイン増刊 EF65大研究」を参考にさせていただきました。
更新については「れいるぅえいすとーりー」をご覧下さい