阪和貨物線

阪和貨物線


阪和貨物線 阪和貨物線 阪和貨物線 阪和貨物線
 2004年2月に運転された「エーデル形気動車で行く阪和貨物線の旅」をホームページにしました
ホームページはこちら
 





阪和貨物線 阪和貨物線 阪和貨物線  
【撮影地】加美鞍作
土日に運用されている117系での錆磨き列車。
2001年9月撮影
左同 【撮影地】大和川河川敷
キハ58による修学旅行臨です。来年度からはキハ181系に置き換わるため最後の運行となりました。
2001年11月撮影 
 THE阪和貨物線
阪和貨物線 阪和貨物線 阪和貨物線 阪和貨物線
【撮影地】瓜破斎場付近
当時は定期的にEF15の貨物運用がありました。
185号機
1983年4月撮影
【撮影地】出戸
186号機
1983年4月撮影
【撮影地】杉本町
杉本町から分岐して阪和貨物線に入線したEF15、しかも重連です。ラッキー!。
撮影日不明
【撮影地】大和川河川敷
和歌山発で運行されたトワイライト。山中渓越えのため重連仕様、ヘッドマーク付。
2001年2月撮影
阪和貨物線 阪和貨物線 阪和貨物線 阪和貨物線
【撮影地】出戸
左の空き地は現在ダイエーになっているようです。
ED60 8号機
1983年4月撮影
【撮影地】出戸
左画像と同じ場所です。
【撮影地】瓜破東
左画像の市営住宅から撮影しました。
1983年4月撮影
【撮影地】瓜破東
竜華機関区といえばブタ目仕様。ゴハチも含めて機関車はすべてシールドでした。
1983年4月撮影




 −阪和貨物線− その存在は地域住民と一部のマニアしか知らないであろう、「忘れ去られたローカル線」といっても過言ではないほど寂れている。しかし、そんな阪和貨物線だが過去の栄光はあった。今は亡きキハ82系を使用した特急「あすか」として東和歌山(現和歌山)からこの阪和貨物線を経由して奈良、名古屋を結んでいたのだ。
 また、その名の通り貨物線として長らく利用されていた時期もあった。EF15、EF58、ED60、EF60などがこの線路をゴトゴトと貨物を引っ張り運行していた。しかし、それも昔の話。
 同じ貨物線でも正反対の運命をたどることになった城東貨物線は複線電化され旅客化として生まれ変わるべく工事が進みつつある。片やこの阪和貨物線も同じく旅客化の計画はあったようだが今や何処吹く風。
 そんな線路に今日も一日1本だけ定期列車(錆とり電車)が走る。
 阪和貨物線は2004年7月以降使用休止、そして2009年3月31日をもって正式に廃線となりました。










THE阪和貨物線