懐かしの583系特急型電車


 581/583系電車について
懐かしの583系特急型電車
 1967年に昼夜を問わず使用できる車両として開発された。当時はそれほど鉄道の需要が高く車両運用がひっ迫していた証拠だと思われます。
 581系と583系があり581系は50Hz用、583系は50、60Hz両用となっています。
 全盛期には「明星」「彗星」「なは」「はくつる」「ゆうずる」「雷鳥」「はつかり」などに使用されていましたが、現在定期運用されているのは「きたぐに」のみ。季節列車として「はくつる」や「シュプール」に登場する以外は団臨として使用される程度となりました。


画像をクリックしていただければ画像が拡大します







 雷鳥raicho懐かしの583系特急型電車
 1978年10月改正で583系「雷鳥」は登場しました。その後485系と共に関西と北陸の運用に当たっていましたが1985年3月改正でなくなりました。(右)は山本氏撮影。
撮影地は(左)(中)共に塚本駅。1982年3月撮影。(右)高槻〜山崎。1984年1月撮影。(左下)撮影地不明。隣の485系は廃止になっている「白山」。(中下)大阪駅に停車中の雷鳥。1982年11月撮影。 (右下)東淀川〜吹田間 1983年8月撮影 
懐かしの583系特急型電車 懐かしの583系特急型電車 懐かしの583系特急型電車
懐かしの583系特急型電車 懐かしの583系特急型電車 懐かしの583系特急型電車
 彗星suisei
 それまでの24系25形の運用に加えて昭和50年3月より583系の運用を開始。新大阪駅〜宮崎駅を結んでいました。山陽新幹線博多開業と共に1984年2月改正で583系の運用はなくなりました。
懐かしの583系特急型電車 懐かしの583系特急型電車 懐かしの583系特急型電車
【撮影地】塚本駅
1982年3月撮影
【撮影地】山崎〜高槻
1984年1月 山本氏撮影
【撮影地】大阪駅
1978年頃?撮影
懐かしの583系特急型電車 懐かしの583系特急型電車 懐かしの583系特急型電車
【撮影地】大阪駅
1982年11月山本氏撮影
【撮影地】吹田〜東淀川
1983年3月撮影
【撮影地】吹田〜東淀川
1983年7月撮影
 明星myojo
 関西と九州西鹿児島・熊本を結ぶ寝台特急として1968年に誕生。客車も含む最大6往復も運行されていた時期もありました。583系は全廃されたのちも数年の間は季節列車として運用されていました。
 撮影地は左から神足(1983年1月撮影) 東淀川〜吹田(昭和59年7月撮影) 左同
懐かしの583系特急型電車 懐かしの583系特急型電車 懐かしの583系特急型電車
懐かしの583系特急型電車
 なはnaha
 まだ沖縄がアメリカ行政下の頃、昭和43年10月に愛称公募から「なは」が誕生したいきさつがある。そんな特殊事情があってか山陽九州夜行列車全盛期でも「なは」は同じく間を走る「明星」に吸収されることなく、運転本数が多かった「明星」が廃止された後も「なは」は残った。現在は24系25形となっている。(左)は山本氏撮影。
 撮影地は(左)山崎〜高槻。残り2枚は東淀川〜吹田。1984年1月撮影(左) 昭和59年7月撮影(中) 1982年6月撮影(右)
懐かしの583系特急型電車 懐かしの583系特急型電車 懐かしの583系特急型電車
懐かしの583系特急型電車
 はくつるhakuturu
 【撮影地】東大宮駅〜蓮田駅
昭和43年10月のダイヤ改正いわゆるヨン・サン・トウでデビュー。現在も原型色の583系として特急運用されているが季節列車扱いとなっている。
昭和60年2月撮影。
懐かしの583系特急型電車
 ゆうづるyuuduru
【撮影地】上野駅
上野と青森を常磐線周りで結ぶ夜行列車としてデビュー。全盛期には客車を含む7往復が運行されていました。
しかし、東北新幹線の開業、「北斗星」の誕生でその座を譲ることになった。
昭和60年2月撮影。
懐かしの583系特急型電車
 有明ariake
【撮影地】不明
1967年10月に九州初の特急列車としてデビューしました。当時はキハ82系が使用されていましたが、1970年に鹿児島本線全線電化によってこの583系「有明」が登場したのでした。しかし、1975年の新幹線博多開業によって余剰になった485系も「有明」に使用されるようになり、1984年2月全車が485系となり583系の「有明」は姿を消したのでした。
<鈴木守氏撮影>
懐かしの583系特急型電車 有明
 金星kinsei
【撮影地】不明
1968年10月に名古屋と博多を結ぶ寝台特急としてデビューしました。
名古屋発着としては初めての寝台特急でしたが、山陽新幹線博多開業によって乗客を奪われ1982年11月に廃止されました。
<山本氏撮影>
懐かしの583系特急型電車 金星 懐かしの583系特急型電車 金星
 みちのくmichinoku
【撮影地】不明
1972年に上野と青森を結ぶ昼行特急としてデビューしました。
583系の特性を生かして夜は「ゆうづる」「はくつる」などの寝台特急として運用し、昼はこの「みちのく」などの昼行特急として運用されていました。この「みちのく」は常磐線経由の特急でしたが、東北新幹線開業と共に1982年に廃止されました。
<鈴木氏撮影>
懐かしの583系特急型電車 みちのく