タスキを繋いで繋いで繋ぎきった とよなかシティリレーマラソン
囲炉裏



とよなかシティリレーマラソン リレーゾーンでタスキを受ける


●大会名 とよなかシティリレーマラソン
●場 所 大阪府豊中市
●日 時 2014年(H26)11月30日
●天 候 晴れ
●距離 フルマラソンリレー

 






 
とよなかシティリレーマラソン コース図





この日は朝から晴天。
朝夕は冷え込むようになってきた。
しかしそれはランニングしやすい気温になってきたということ。

今日は服部緑地公園でリレーマラソンがある。
小学校駅伝からハーフ、フルと多種多彩。
フルマラソンリレー参加チームは78チームと多い。
僕らは「前田会ラン部隊」として参加。

朝、会場である服部緑地陸上競技場へ向かうと
すでにちびっ子がタスキを掛けて走っている。
その表情に遊びはなく真剣そのもの!。
しかも、子供を応援する親の声援がハンパない!。
中には絶叫するように名前を叫ぶ親もいた…。



とよなかシティリレーマラソン 会場風景
小学生駅伝で賑わう会場


会場はさらにヒートアップ状態!。
たくさんの子供たちが順位を競っている。

そんな中、フルマラソンリレーのエントリーを済ませると
続々とメンバーが到着。
今回はしゅんちゃん、すみれうしさん、しんちゃん、kiyorinの5人でタスキを繋ぐ。
参加予定だったCaorinは残念ながら体調不良で欠席。

第一走者はkiyorin。
フルマラソンリレーのスタートだけは陸上競技場ではなく西中央広場なので
第一走者だけは係員に引率されてスタート地点へ向かう。


とよなかシティリレーマラソン 前田会ラン部隊
スタート前の余裕のポーズ
 
とよなかシティリレーマラソン トラックコースで練習
競技開始前の練習ランでトラックを走る
 
とよなかシティリレーマラソン スタート前
紅葉が綺麗な西中央広場
 
とよなかシティリレーマラソン スタートラインでkiyorin
第一走者のkiyorin



お天気も良く公園へ遊びに来る人も多い。
何が始まるの?と好奇な目で見てる人多数あり。
そんな中、スタートランナーがオレンジのタスキをかけスタートを待つ。
我が、前田会ラン部隊のスターターはkiyorin!。

そして12時。


スタート!








フルマラソンリレーだが
一周2kmのコースを21周=42.195kmとなる。
kiyorinが3周
しんちゃんとしゅんちゃんが4周
すみれうしさんと僕が5周
合計21周となる。


とよなかシティリレーマラソン 一周目の慎ちゃん
第2走者のしんちゃん
 
とよなかシティリレーマラソン しゅうちゃんラン
しゅんちゃんも快走


競技場を出てから反時計周りでするのだが
休日ということでとにかく人が多い。
公園内の一般歩道を走るため
マーシャルの方が一般客へランナーが通過する注意喚起をしてくれるのだが
聞いてか聞かずか避けてくれる人は少ない。
仕方なくこちらが右へ左へフットワークで避けるのだが
いかせん障害物競走か!
とぼやきたくなる。(笑)


とよなかシティリレーマラソン
 
とよなかシティリレーマラソン


この大会は最低一人一周走れば
あとは誰が何周走ろうと問題ない。
我が前田会ラン部隊は一人一周毎に交代する方法を取った。

コースは勾配は少ないが集会を重ねる毎に
この微妙な勾配が徐々に堪えてくる。

寒いと予想してきたのに、ピーカンのお天気と風がないことでぜんぜん寒くない。
暑さが苦手な僕にとっては走るという部分においてはバッドコンディションだったが
グラウンドでチームとしてタスキを待つ楽しさを味わえたのはありがたかった。



とよなかシティリレーマラソン 休憩風景
ぽかぽか陽気でグラウンドでも普通に観戦できた
 
とよなかシティリレーマラソン





今回、参加しているグループで着ぐるみを来て走っているグループもいたりして
この人らウケ狙いか?と思っていたがすっとこどっこい!。
後半に僕が走ったとき
後から付いてくる足音があったので


引き離してやるわい!


とピッチを上げたものの
それを上回るペースでサラッと抜いていったのが
その着ぐるみを着た女性ランナーだった。
あまりのショックに戦意消失。(汗)
見かけで判断してはいけません。



とよなかシティリレーマラソン
楽しそうに走るしゅんちゃん
 
とよなかシティリレーマラソン
 
とよなかシティリレーマラソン 慎ちゃんを撮るkiyorin
しんちゃんを撮るkiyorin



20周目を走ったすみれうしさんがトラックに入ってきた。
いよいよ最終周。
僕の出番。
必死の形相で駆けてくるすみれうしさんからタスキを受けラストランへ!。


さぁ!最後だ!


と意気込んだ瞬間


ふくらはぎが痙攣…。


しかも両足とも!(汗)。



リレーエリアでほぼ同時にタスキを受けたおっちゃんいた。
そのおっちゃんを抜いてやろうと思っていたのに

みごと


撃沈…


走り去ってゆくおっちゃんの背中ぁぁ〜。(泣)



とよなかシティリレーマラソン
 
とよなかシティリレーマラソン 最後のタスキを受ける


まぁそれでもここまできてリタイヤするなんて選択はない。
リレーマラソンは初めて経験するのだが
箱根駅伝などでふらふらになりながらも必死でタスキを繋ぐ
あの姿の意味をここで思い知る。

こんな市民マラソン(超メジャーな箱根駅伝と比べてという意味で)でもタスキの重さはハンパじゃない。
みんながここまで繋いだタスキ!。
足がもげようと止めるわけにはいかん!。

ということで
地獄の2kmラン。
痙っては引き痙っては引きを繰り返し
自分の足をだましだまし運んでいったものの
最後はロボット走り…。


とよなかシティリレーマラソン 無事ゴール
 
とよなかシティリレーマラソン
 
とよなかシティリレーマラソン


でもまぁなんとかみんなの待つトラックへ戻ってこれた。
この数百メートルのトラックの長いこと!。

最後は倒れ込むように



ゴーーール!


終わったぁ。
仲間に迎えられ心底ホッとした。

この連帯感。
たまにはリレーもいいなぁ。

前田会ラン部隊は3時間24分35秒で無事完走しました〜!。