上地川源流
唐戸谷へ沢登り
 


●場 所:上地川唐戸谷
●山 域:但馬
●日 時:2003年(H15)8月13日
●天 候:晴れのち曇り
●標 高:1309.9m(扇ノ山)
●メンバー:矢問さん、てる



画像に青枠が付いているものはクリックすれば拡大します

カシミール3Dは上記をクリック 地形図は上記をクリック 地域の地図は上記をクリック

 例年お盆の時期は北アルプスへ足を伸ばしていたのだが、今年は休みの日程上長期は休みが取れず、そんなことを矢問さんと話していたら前夜泊日帰りでどこかに行こうということになった。そこで候補に挙がったのがここ鳥取県にある扇ノ山をピークに流れる唐戸谷。
 ここは矢問さんが以前訪れたことがあり、そのときに白装○集団○○ウェー○研究所のグループに囲まれたという恐怖の場所。(^^;
 前夜、矢問さんの車で出発。中国道を山崎まで走り29号線を北上。道の駅「はっとう」で仮眠。
 当日朝5時に起床。遡行出発地点である本谷と唐戸谷の出合へ向かう。途中枝道が多く迷ったりしながら車を走らせる。その白装束集団に出会ったという見晴らしのいい展望台あたりまで来ると矢問さんはトラウマかあたりをキョロキョロ。(^^; 特に問題なく出合に到着。

【6時30分】出合出発
 西斜面なのでこの時間でもなかなか太陽が顔を出さない。が、天気はいい。予報では今夜から下り坂と聞いているので直に雲が多くなるだろうと予想される。
 支度をしていると、ない!。デジカメがない!。GPSもない!。あちゃーまたやってしまった。忘れ物!。(>_<) 矢問さんに笑われた。(ToT)
 ということで今回の画像はすべて矢問さん提供によるものです。m(__)m
 トポでは2m+6m+3mと左を巻くようになっているが、いきなり2mは登れるような気がしたので沢に浸かってみた。水が冷たい〜。(@_@) しかも釜が深そう。や、やっぱり巻こう。(^^;

本谷と唐戸谷の出合 6m幅広の滝 3mの滝はど真ん中を直登

 続く6mと3mはまいて3mはど真ん中を直登。小滝を越えると右手に20mのしだれ滝が見えてくる。その先には逆くの字に落ちる4mの滝。登れそうで登れなさそうなので、ここは左岸のざらざらの赤茶けた岩をよじ登る。
 
右が枝沢20m 奥に見えるのが逆くの字4m 逆くの字4m この画像が一番唐戸谷を
表しているような気がする

 沢中を歩いていた矢問さんが「いたぁー!」と叫んだ。体をくの字に曲げてじっとしている。どうやら水中にある出っぱった岩に弁慶をしこたま打ち付けたよう。このあと矢問さんはこの強打が原因で悲惨な沢登りを体験することに…。(^^;
 左からの枝沢を見て進むと両岸が迫り立ってきてゴルジェ帯となる。最初の2mは簡単に巻けるがここは枝を持ってモンキースタイルで突破。(^^; 次の4mも左をへつりながら直登。二条3mも快適に越える。
 矢問さんはさきほどの強打が堪えてか足に力が入らない様子。何でもない滝の登り口で踏ん張りきれず釜へドボンを繰り返す。そのシーンがあまりにも突然で見ている目の前で背中から落ちたりするもんだから、見ているこっちはビックリのし通し。(@_@)

秘技モンキースタイル このあたりの岩は赤茶けているが
フリクションがきいて登りやすい
二条3mは真ん中を登る



この滝のメイン30m

【7時55分】30mの大滝
 そして目の前にドーン!と立ちはだかるような滝が出現。30mの大滝だ。水量もあり迫力満点。
 記念撮影後にトポに書いてある通り70mほどバックして大巻きする道を探る。が、これかなぁ〜と思える踏み後が左上に向かって延びているがどうも信用しきれず、二人してさらにバックし適当によじ登った。これはどうやら失敗で(^^; これかなぁ〜が正解のようだった。ま、結局ほぼ同じ場所を登ることになるのだが。
 矢問さんはさらに大巻、僕は滝身に近い方から巻いて登る。木の根が適度にあり掴んで登れるので快適だった。
 急坂を登り30mを巻いて今度は懸垂下降。といってもごぼうで下れるほどの勾配。だが二人とも懸垂下降の練習と割り切って懸垂で降りた。

  
よじ登れる滝が多くなる   10mは滝身の右側を直登   源流部に近くなると流れも
なだらかになってくる

 まだまだ滝は出現し楽しませてくれる。10mは滝身の右側を直登。苔が滑りそうで慎重になったがホールドが豊富で最後は流れをまたいで左に逃げる。
 そろそろ本谷から別れて枝沢へ逃げないと大ヅッコから離れてしまう。この枝沢あたりに入りましょうと本谷に別れを告げる。
 掘り割り状の細い枝沢を歩くのは初めてで不思議な感じに興味津々。途中で沢も枯れて藪こぎ。そして登山道に出た。
巻いてもいいところをあえて直登する楽しさ(^^) 掘り割りを歩く 大ヅッコへと続く登山道へ出た!
※熊ではありません(^^;

【9時55分】登山道と合流
 ピークを踏まなければこのまま大ヅッコを越えて右への分かれ道をたどれば元の出合まで導いてくれる。
 今回は僕のお願いで扇ノ山まで歩くことにした。この大ヅッコもなだらかだけど坂で堪えるのに、下ってしまう。再び扇ノ山へは登り。(>_<)
 重たい足を引きずってようやく扇ノ山へ。(@_@)

【10時30分】扇ノ山到着
 うわさ通り展望はイマイチ。氷ノ山側が一部開けていて少し見えるだけ。立派な避難小屋があるが天気がいいので外のベンチで少し早いお昼を取る。あとから登山者がもう一人到着し3人だけの静かな頂。
 前回のゲロク谷の反省から今回は沢靴から、下山用の軽登山靴に履き替えて下りの準備。

扇ノ山の避難小屋前で記念撮影

【11時10分】下山開始
 来た道を戻り大ヅッコへの登りの手前の鞍部から西の尾根へと向かう。この道は但馬尾根と呼ばれ、その昔は但馬と因美を結んでいた道らしい。ただ、僕らが歩いた道はどうやら本谷の源流部のようでそのままくだると本谷に入りそうだったので、途中から尾根に乗るよう修正しながら歩いた。
 その途中だった。「あれ」を見てしまった。矢問さんが「しー!」というので前を見ると白い布が。これって…?。げー!?。ここまであの集団が来ていたの?。まさかもういないだろうけど、こんな人気のないところで見ると残党がいるんじゃないか?とビビってしまう。(^^;
 尾根に乗っかると気持ちのいい登山道が続いている。この道は本当に気持ちがいい。ブナの原生林が茂り登山道は落ち葉の絨毯でふかふか。しかし、気持ちがいい道はそう続かず、下れば下るほど道は勾配がついて最後の200mは滑る滑る。最後は本谷に合流し徒渉して駐車場に出た。
下山時に発見した電磁波を防ぐというあれ   すっかり気に入ってしまった但馬尾根

 濡れたズボンやシャツを着替えて、さぁ温泉!。
 今回選んだ温泉は帰る道中にある若桜ゆはら温泉・ふれあいの湯。29号線から482号線に入り2kmほど入ったところにある温泉だ。
 シンプルな温泉だが休憩室が広く仮眠を取ることも出来る。詳しくは村の温泉巡りで。
 帰路につく前に道の駅で家族へ土産物のなしを買って家路を急ぐ。
 唐戸谷は30mの大滝もあり適度に登れる滝が連続し楽しめるいい沢でした。